当店のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。東広島市・呉市を中心に広島県内一円にてお仕事をさせていただいております、ひまわり石材の竹下です。呉市音戸町の音戸墓地にて、お墓の傾き直し、法名板の新設、クリーニング等を行いましたので、ご紹介します!

 

【施工前後の様子】

 

今回は、以前からお世話になっているお客様からご紹介いただきました。法名板を作りたいということと、お墓をきれいにしたいというご希望でした。

 

こちらがお客様のお墓です。とても高さがあり、立派なお墓です。写真では少し分かりにくいのですが、お墓が傾いてしまっていました。原因ははっきりとは分かりませんが、経っている場所の地盤や基礎工事の状態も関係しているかと思われました。お参りのたびに気になっておられたようで、このままでは危険な状態でもあります。

また、お墓全体に茶色っぽい水垢などの汚れも付着しています。こちらも以前から気になっていらっしゃったようです。

 

お墓の左右に配置されている墓前灯篭も、このように土台から傾いてしまっています。

 

さらに、灯篭の土台の石には水垢や苔のような汚れもずいぶんついていました。お墓の周りには樹木もたくさんありましたので、苔などが生えやすい環境ということも関係があるかもしれません。こちらもお墓本体と一緒にクリーニングできれいにします。

 

また、お墓の周り、墓地を囲むコンクリートの壁には、こうしたひび割れ・隙間が見られました。

 

外から見たところです。ズレてしまってできた隙間を空けたままにしておくと、もっとズレが広がってしまいますので、目地を入れて補修する必要があります。

 

こちらも別の部分のブロックの笠石です。経年劣化でつなぎ目が割れていましたので、補修が必要です。

お客様にお墓の状況をお伝えして、必要と思われる工事をご提案しました。お見積もりの結果、今回はお墓の傾き直し、クリーニング、法名板の新設と文字の色入れをさせていただくことになりました。

 

完成です!

まずは、お墓の傾きを直す工事をしました。一旦お墓をすべて取り外して、また傾いたりしなすることのないように、しっかりとした基礎を打ち直します。そのあと、クリーニングをして墨を入れたお墓を据え直して完成となります。据え直しには、耐震ボンド等を使用して耐震施工しています。

全体的に黒っぽい水垢などの汚れがついていましたが、すっきりときれいになって石本来の色合いを取り戻しました! 棹石正面の文字とご家名、家紋と納骨室正面の文字部分の色は入れ直しました。明るい色合いの石に墨で色を入れたことで、以前よりくっきりと見えます。

 

灯篭の土台部分です。一度取り外してクリーニングをし、再度据え直しました。汚れもきれいに取れて、傾きも直しました。

 

壁の隙間にはセメントを充填してきっちりと埋めました。これで、これ以上開いたりする心配もありません。

 

細かいことですが、こうしておけば開いて崩れたりといった危険も防ぐことができます。

 

ブロックの笠石も、同じようにセメントで埋めました。

 

お客様がご希望だった法名板もこちらに新設しました。限られたスペースの中で、お客様とお話ししてこちらに設置することになりました。お墓本体の色と近い色合いの石を選んでいただいてお作りしました。

 

完成したお墓をご覧になったお客様には喜んでいただけました。お参りのたびに気になっていらっしゃった点が安全できれいになり、喜んでいただけてよかったです^^

今回の工事は、お墓が密集している墓地での作業でした。お墓の場所も墓地の奥まったところにありましたが、クレーンはなんとか使用することができましたので、搬出や据え付けなど、クレーンで吊り上げての作業の際には、周りのお墓に注意を払って進めました。また、お墓の傾きを直す工事では、万が一にもまた傾いたりすることのないように、いつも通りではありますが、安心してお参りいただけるお墓になるようにしっかりとした基礎工事をしました。安心して気持ちよくお参りいただるようになったお墓を、これまで通り大切にお参りいただけるとうれしく思います。